財務体質を改善して潰れない会社を創る!本橋聡の「黒字の最大化コンサルティング」

M&Aオプティマイザー

  • HOME »
  • M&Aオプティマイザー

M&Aオプティマイザーとは

Optimize = 最適化する
M&Aが売り手・買い手・ステークホルダーの三方よしとなるように
「最適化」を支援する財務顧問
売り手側の悩みを表した図
買い手側の悩みを表した図
《 これらのわからないを財務顧問として解決 》
  • M&Aの買収及び売却価格の適正化を図ります
  • M&A後の事業及び収益構造をシミュレーションし、統合後の事業の適正化を図ります
  • 交渉時に財務的見地で分析レポートをまとめる財務アドバイザー

中小企業に特化したM&Aサポート

中小企業の成長戦略として、「海外進出・差別化戦略・M&A」が少しずつ浸透し始めています。
日本の中小企業を取り巻く環境は、後継者不足・将来不安等多くの課題を抱えています。
企業経営を取り巻く環境は、法人数は2009年は420万社であったが2012年には385万社と3年で35万社も激減している。国税庁(平成26年度法人税等の申告)の調べでは約71% の企業が赤字申告をしており、社長の平均年齢は約60歳と年々高齢化が進んでいる。(※帝国データバンク「2011年3月10日発行 全国社長分析」)
後継者問題については、オーナー企業のうち後継者を決めていない企業が68.2%(帝国データバンク「全国オーナー企業分析」2011年3月より)
2013年負債額1000万超 の倒産件数は1万531社。
うち資本金1億円以上の企業は123件、上場企業は2社、
従業員 5 人未満の会 社が占める割合は68.5%。(東京商工リサーチ2013年調査より)
と厳しい経営環境下にあります。

中小企業 売り手と買い手のニーズ

買い手企業は、成長戦略の1つとして、シナジーは出せるか? M&A後の事業計画はどうなるか?
売り手企業は、事業承継の手段として事業を守れるか?雇用の確保はできるか?ハッピーリタイヤできるか?

そして、両社ともに適正な価格なのかどうか!
仲介会社や金融機関からの提示価格について、客観的に分析をかけられる財務顧問が欲しい!
そのような悩みを抱えている企業様をサポートいたします。

M&Aオプティマイザーの役割

売り手側オプティマイザーの役割

  • 会社の強みを財務的見地でバリューアップ!
  • M&A後も社員の雇用を安定できるようにする!
  • 事業継承としてのM&Aにする!
  • 適正な価格取引を図る!

買い手側オプティマイザーの役割

  • 財務的見地で仲介会社のアドバイザーと交渉する!
  • 買収後未来キャッシュフロー予測を立てる!
  • 買収候補企業の収益構造を自社と比較、強みと弱みを見える化!
  • 営業キャッシュフローのマジック
    ファイナンスリースと減価償却費のミスマッチを明らかに!
  • B/S上の資産及び負債の実情を明らかにする!
    (拘束性預金の存在とその理由について等)
企業同士の直接取引をサポート!
仲介会社・金融機関を通さない企業同士の直接取引においても、M&Aオプティマイザーがサポートいたします。
M&Aオプティマイザーは財務顧問として、財務分析及び統合後の損益分岐やキャッシュフロー予測を見える化し、M&Aが三方よしとなるよう最適化のサポートを行います。

直截交渉におけるM&Aオプティマイザーの役割を表した図

仲介会社・金融機関を介する場合もサポート!
仲介会社や金融機関を介する場合も、財務顧問として詳細分析を行います。
財務的見地から成長戦略をサポートします。

仲介会社などを介する場合におけるM&Aオプティマイザーの役割を表した図

お問い合わせ・お申込み

サイドバナー

PAGETOP
Copyright © 株式会社 Mapイノベーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.