新型コロナウィルスの感染拡大による中小企業の資金繰りを支えるため、政府が打ち出した緊急融資が急増!
実行件数は約1万5000件(3月17日時点)
年度末を控え相談件数も急増しており、融資が増えるのは確実。

相談:約12万件(19日時点)
申込:約3万7000件(17日時点)
実行:約1万5000件(17日時点)

新型コロナで直接的な影響を受けている宿泊・飲食・観光業を中心に物流の停滞で材料仕入ができなくなった製造業などからの申込がる。
中小企業は「手元資金が1か月程度しかない場合は多い」(東京商工リサーチ)
多くの中小企業は3月末が年度末にあたり、仕入れ代金の支払いなどまとまった資金が必要になる。

中小企業や個人事業主向けに実質無利子など有利な条件で融資している。
売上高5%以上減少した企業に対し、信用保証協会が金融機関の融資に保証を付け借入をしやすくする制度の拡充に取り組んでいる。

【日本政策金融公庫】
売上減少に苦しむ中小企業や個人事業主に実質無利子など有利な条件で運転資金を融資

【保証協会】
中小企業が民間金融機関から借入をしやすいように借入額の80~100%を保証。
中小企業が借金を返せなくなったら肩代わりして返済。