今さら聞けない決算書の読み方「固定長期適合比率」

自己資本と固定負債の合計(長期資本)に対する固定資産の割合。
財務の健全性を判断するための指標の一つで、数値が低いほど安全性が高いと言われます。
固定長期適合比率=固定資産÷(自己資本+長期借入金)×100

100%以内であることが望ましい。
100%を超えてくると
短期借り入れを充当している状態であり、資金繰りは苦しくなります。

貸借対照表は、「調達と運用のバランス」であり、創業からの蓄積です。
分析で留まることなく、現状を把握したうえで未来を切り拓いていく事が大切ですね。