米企業の時価総額上位500社に占めるGAFA+Mの割合は
なんと「18%」と過去最高水準(2020年4月10日時点)

Amazon Apple アルファベット Facebook Microsoft
各国政府と中央銀行による政策総動員により新型コロナウイルスの混乱と恐怖は少しずつ後退し、
ダウは直近高値から安値までの下落分のおよそ5割を取り戻した。
感染拡大の収束後に企業や国民の価値観・行動はどう変わっていくのか!
株式市場には投資家の考えるポストコロナの世界が映し出されている。

GAFA+Mのように世界中の、特に米中のプラットフォーマーと5G関連企業の存在感は増していくのではないだろうか