「厳冬 スーツ市場、迫る変革」 2020年1月8日日経新聞

「職場のカジュアル化」
「ユニクロ本格参戦」

カジュアル化を背景にスーツ市場の支出が2000年約1万円→2018年5,161円と半減。
(総務省家計調査 2人以上世帯の支出額)

2019年には三井住友銀行も東京・大阪の本店でスーツ着用を見直し、年間を通じてカジュアルな服装を認め、
一方、ユニクロも「25,000円のセミオーダースーツ」で本格参戦。
ユニクロでは、自分に合う一着を選び採寸し中国で自動裁断し1週間で届く。

多くの紳士服店では戦略の変更に迫られる。
大量生産・大量吊るし・大量販売モデルからの脱却
非スーツ事業への展開

かつてこれらの紳士服大手の展開は、個店の経営を苦しめた。
しかし、今は、競合でなかった所が競合になり、サラリーマン=スーツという過去の常識という市場環境が変わった。

これは、どの業界にも起こり、企業の大小かかわらず起こる。
そうなることが当然として、先をみた時間軸をもった戦略を立てていくことが重要であり
今の自社の常識や社会の常識を批判的に考えるクリティカルな思考を持ち備えていないと「環境変化」という
強敵に足をすくわれてしまう。

財務戦略決断ゲームでも「環境カード」に耐えられる収益構造をいかに作っておけるかという
リスクマネジメントをしながらゲームを進めていくとクリアー確率は高まる。
最後は、うどん屋さん経営ゲームの宣伝です。