昨日は、「税理士会 川越支部 青年部・女性部」様の定例会で講師としてお声がけいただきました。

「銀行取引に有利な財務体質の作り方 〜クライアントに必要とされる経営参謀とは〜」

経営者のファイナンシャルアドバイザーとして、「財務の未来予想図」を共有し、
アクションプランに落とし込んでいく流れや、経営判断のものさしを持つ重要性について2時間、
お話しさせていただきました。
ウィズコロナ時代、返済原資を生み出し、キャッシュフローを最大化していくためには、
財務をサポートできる参謀が必要です。

会場参加とWEB参加とハイブリット型開催。
なかなか難しい点もありましたが、参加者の皆さんの時間効率も考えると、
これからはハイブリットですね。