未来志向で企業経営をしていきたい。
そこで大切なのは未来のキャッシュフロー計画

立てた利益計画を月次のキャッシュフロー計画に落とし込み、売上、仕入、販売管理費、予定納税、銀行返済など未来のお金の流れを3ヶ年くらい策定する。

それにより、数ヶ月先や期末の現預金残高予測を見える化できる。
事業戦略と合わせて、「いつ、どんなタイミングで、どんな資金が必要となるのか」を明確にし、資金調達戦略も立案する。

経営者の不安の1つとして、「お金がどこから生まれどこに消えていくか、そして、いくら残るか」
これが漠然としていてわからないと不安で仕方がない。
先手先手で、お金がないならないなりに、残高を予測し、打つべき手を考え決断し、実行していけば、不安は軽減する。

キャッシュフロー計画を作成し、戦略的経営を行なっていけるようたくさんの企業を支援していきたい。
これからは、「経営計画及びキャッシュフロー計画策定支援」のスポットコンサルも展開していきます。
もし、ご興味ありましたらお声がけください。